【ダンレボ】DDRをプレイする際の持ち物・必要なものまとめ

スポンサーリンク

ゲーセンに持っていくものまとめ

「DDRをやってみたいけど、何を持っていけばいいの?」という人のために、ゲームセンターへ行く時にほぼ必須のものから場合によってあると便利かも、というものまで持ち物リストをまとめてみました。よかったら参考にしてみてくださいね。

DDRって何?どうやって遊べばいいの?という方はこちらを先にご覧ください。→【初心者向け】DDRの遊び方と基本の踏み方

スポンサーリンク

持ち物・必要なものリスト

まずは全持ち物のリストです。

  • 必須の持ち物
    財布・epass

    タオル・ハンカチ
    飲料水(水・お茶・スポーツドリンク等)
  • あると便利な持ち物(推奨)
    着替え
    スマホ
    扇子・うちわ
  • 場合によっては必要なもの
    軽食
    デオドランドスプレー・汗拭きシート
    プロテイン
    グローブ・手袋
    ウエットティッシュ
    替えの靴(雨天時など)
    三脚・ビデオカメラ

それぞれどういう場面で必要になるのか見ていきましょう。

ほぼ必須な持ち物

まずは、DDRプレイ時にほぼ必須と言っていい持ち物です。

財布・epass

一番必要なものなんですが、意外にも一番忘れやすいものだったりします笑
家を出る前にもう一度、忘れてないかチェックしましょう。

※epassについては、遠征先などでどうしても必要な場合は新しいepassを買ってデータの引き継ぎをするという方法もあります。→e-amusement passのデータ引き継ぎ方法を教えて … – よくある質問

履き慣れた歩きやすい靴を履いていきましょう。運動靴やスニーカーなどがオススメです。
筐体の注意書きにもありますが、ハイヒールやスリッパ、裸足でのプレイは足を痛める恐れがあるのでやめておいた方が無難です。

タオル・ハンカチ

DDRをプレイしたことがある方ならわかると思いますが、100円でできるゲームとは思えないくらい汗をかきます笑
タオルやハンカチ等、汗を拭えるものを持参していきましょう。

飲料水(水、お茶、スポーツドリンクなど)

プレイ中はかなり汗をかくため、水分補給用の飲料水が必要です。
特に夏場は熱中症の危険性もあるため、必ず準備するようにしましょう。
私の場合、がっつりやるときはペットボトルの水(1〜2L)をコンビニやスーパーで買って持って行くようにしています(`・ω・´)

あると便利な持ち物(推奨)

続いては、あると助かる便利な持ち物です。

着替え

かるく1、2クレ程度やる分には要りませんが、がっつりDDRをプレイする日はぜひ用意しておいた方がいいと思います。特に寒い日は帰り道で体を冷やして風邪をひいてしまうこともあるので、多くプレイする予定の日は替えのインナーを1枚持っていきたいですね。

スマホ

あえて書くまでも無いかもですが笑
DDRが混んでた時の待ち時間の暇つぶしや、譜面確認、リザルトの写メを撮ったり色々使えます。
私の場合、「DDR Score Manager A」というアプリでスコアを管理しているので、「Lv.15でスコア低い曲をやろうかな〜」みたいな時にアプリでスコアを確認して選曲する、といった使い方もしています。

扇子・うちわ

最近はDDR筐体の近くに扇風機を置いてくれているゲームセンターが多いですが、お店によっては扇風機がなくて汗がダラダラ止まらずプレイに集中できない…なんてこともあります。
そんな時に持っていると便利なのが扇子やうちわです。プレイの待ち時間にも使えるので、1本持っておくとかなり快適に過ごせます^^

場合によっては必要なもの

最後は場合によって(人によって)は必要となる持ち物です。

軽食

プレイの合間やプレイ後に食べられる軽食を持っておくと助かる場面は意外と多いです。
「ゲーセンに着いたと思ったら急にお腹が空いてきた」、「もうちょっとプレイしたいけどお腹が空いて動けない」などなど…
そんな時はカロリーメイト・ウイダーinゼリー・クリーム玄米ブランのような軽食をカバンに忍ばせておくと、サクッと栄養補給できて助かります。

デオドランドスプレー・汗拭きシート

プレイ後に汗で体がベタベタしたり、汗の匂いが気になる人には重宝するアイテムです。
ゲームセンターへ行く以外に予定がある日や、DDRをプレイした後に気持ち良くリフレッシュしたい人は持っておくと安心ですね。

プロテイン

プロテインにはスポーツ後に栄養補給や疲労回復を早めたりする効果があるため、プレイ後にプロテインを飲んでる人も割といます。興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

グローブ・手袋

ステージの後ろにあるバーを持ってプレイする際に手にはめて使うものです。
手汗で手が滑って姿勢が崩れるのを防止できるほか、手・腕の疲れやバーだこ防止にも役立ちます。特にDP(ダブルプレイ)をバー持ちでプレイする時には、グローブをつけるとかなり安心感を持ってプレイすることができます。
私の場合ダブルプレイの時だけはバーを持つ手が痛くなってしまうので、自転車用のサイクルグローブを使っています。通気性が良くてグリップ力もあり、安心してプレイできるためオススメです。

ウエットティッシュ

DDRをプレイする時、パネルの上にホコリが多くて滑りやすく、プレイしづらかったことは無いでしょうか?そんな時はパネルをウエットティッシュで拭くとグリップが増し踏ん張りが効くようになるため、かなり踏みやすくなります。特にDP(ダブルプレイ)をプレイする時にはグリップが不足していると足が滑り転倒する可能性もあるため、ある程度のグリップは確保しておきたいところです。

最近は筐体に雑巾と霧吹きが置いてあるゲームセンターも多いため、備え付けのものがある場合はそれらを使ってパネルを軽く水拭きするのでもいいですね。

雑巾・霧吹き

※あまり霧吹きをかけすぎると逆にグリップが効き過ぎて足が取られてしまい、踏みづらくなってしまうこともあるので注意しましょう。

替えの靴(雨天時など)

雨が降っている日は外を歩いた靴のままでDDRをプレイすると靴底の水分でパネルのグリップがかなり強くなります。そのため足を速く動かす超発狂を踏むような場合には足が取られて踏みづらくなってしまいます。気になる方は、雨の日はDDRプレイ用に替えの靴を1足持っていくと良いかもしれません。

三脚・ビデオカメラ

最近は自分のプレイ動画をYouTubeやTwitterに投稿している人も多く見かけますね。
自分のプレイ動画をSNSに投稿したり、自分のフォームを確認したい人は上記の撮影用具を準備する必要があります。事前に店員さんに撮影しても良いか確認してからプレイ動画を撮るようにしましょう。

まとめ

さて、今回はゲームセンターでDDRをプレイする際にあった方がいい持ち物についてまとめてみました。
自分にあったものを準備して、快適なDDRライフを楽しみましょう♪

タイトルとURLをコピーしました